トップページへ戻る 


トップページへ戻る - つじべんはこんな会社 - つじべんの周辺ガイド - つじべんへのアクセス - つじべんの会社概要


トップページへ戻る > つじべんの周辺ガイド



つじべんの周辺ガイド

二条城Google地図ルート
徳川幕府における京都の拠点となった二条城は、慶長8年(1603年)に建てられました。家康と豊臣秀頼との会見場所となったほか、幕末の慶応3年(1867年)には15代将軍慶喜がここで大政奉還を行いました。江戸時代の始まりと終わりの歴史の舞台ともなっています。

錦市場Google地図ルート
錦市場(にしき いちば)は、京都市中京区のほぼ中央、東西に伸びる錦小路通のうち、「寺町通 - 高倉通」間に位置する商店街です。京野菜・魚などの生鮮食材や、乾物・漬物・おばんざい(惣菜)などの加工食品を商う老舗・専門店が集まる市場。京都独特の食材は、ほぼここで揃う。近年、外国人観光のルートとして脚光を浴る。

六角堂Google地図ルート
聖徳太子が創建の寺で、いけばな発祥の地である頂法寺。お寺の本堂が六角形であることから、「六角堂」と呼ばれるようになりました。本堂北側の本坊が池坊と呼ばれ、生け花の名人を数多く輩出しました。現在、華道発祥の地として、池坊華道の拠点となっております。

壬生寺Google地図ルート
壬生寺(みぶでら)は、平安時代中期に建てられた律宗大本山の寺院。本尊は地蔵菩薩、鎌倉時代には、寺を再興した円覚上人による融通念仏の「大念仏狂言」を伝える寺として、また新選組ゆかりの寺としても知られる。

本能寺跡Google地図ルート
織田信長が明智光秀に襲撃され自害した本能寺は、現在地の寺町御池ではなく、四条堀川の近くにありました。本能寺の変後、豊臣秀吉が現在地の寺町御池に再建。旧本能小学校(現堀川高校・介護施設)に、当時を偲ぶ石碑が立っています。