トップページへ戻る 


トップページへ戻る - つじべんはこんな会社 - つじべんの周辺ガイド - つじべんへのアクセス - つじべんの会社概要


トップページへ戻る > お宮参り参りの基礎知識



お宮参りの基礎知識

お宮参りの由来   
お宮参りはむかし「産神参り」と呼ばれ、子供の誕生を産土の神に感謝し、その子の成長を祈願したという故事に由来し、古い文献にもその記録が見られます。
かつてはお産がけがれたものだと考えられていたため、「忌み明けの祝い」とも呼ばれ、産婦の忌み明けと子供の氏子入り儀式とを兼ねていたようです。
「お宮参り」という呼び方は、室町時代、足利義満の頃からといわれ、当時はお産のあと日常生活に戻る“色直し”の後の吉日を選び、母子揃ってその家の氏子様(鎮守の神社)に参詣し、子供の氏子入りをすませたあと、部屋にも飾り付けをして、産神をお祭りするようになりました。
江戸時代、徳川家綱の頃には、お宮参りの帰途に大老井伊掃部頭(いいかもんのかみ)宅へ挨拶に立ち寄る風習が生まれました。それ以来、庶民の間でもこれにならって親類や知人宅へお宮参りの報告と挨拶に伺う風習が生まれ、その後日本各地に広がっていきました。
このようにお宮参りの風習は、現在でも大切に受け継がれ、家族そろって祝い、おめでたい家庭の歳時として全国各地で行われています。

お宮参りの時期と祝い方
お宮参りの日取りは、一般的に男児は生後三十日目、女児は三十一日目に行うとされていますが、地域によって日取りに違いがあるようです。お宮参りの時期や日時についてあまり古式にこだわらず、地方的なしきたりとして考えた方が良いかもしれません。
むしろお宮参りは、生後一ヶ月くらいの子供を初めて外出させるわけですから、まず子供の健康状態を第一に考える事が大切です。また、体力が十分に回復していないお母さんの健康や付き添い人の都合を配慮する必要があります。真冬の厳しい寒さや真夏の炎天下は避け、天候の良い時期や吉日を選ぶと良いでしょう。
お参りをされる場所ですが、その家の氏神様や有名神社にこだわらず、最寄の神社あるいは近くの守護神にお参りされても結構です。

お祝着の着せ方とお参りの仕方
お宮参りの祝着は、一般に「一ツ身」あるいは「熨斗目」と呼ばれる母親の実家から贈られる場合が多いようです。当日は子供に新調のきもの(抱き着)をきせ、フード(帽子)とよだれかけをかけ、その上から祝着を掛け着として着用します。さらにお守り袋、でんでん太鼓、犬張子、末広(お宮参り扇子)を祝着に飾りつけます。
掛け着の着せ方は祝着を広げ、子供の背中をおおうように掛け、紐の一方を肩側に、他方を脇から通して抱き手の背で蝶結びにします。お宮参りに出かけるとき、通常は祖母か近親の女性が子供を抱くものとされています。これは、産後の母体を気遣ってのことと、お産を忌む風習の名残で子供を潔めるために母親以外の女性が抱いてお参りしたものと考えられています。しかし、御夫婦でもお参りされる場合は、やはりお母さんが抱かれるのが自然でしょう。
また、付き添いの人の装いは、留袖などのような紋服が正式な衣装とされていますが、訪問着、付け下げ、色無地など伝統的な装いがふさわしいとされます。
神社でお賽銭を投函し鈴を鳴らして祈願するだけでも構いませんが、丁寧にされる場合は、社務所に申し出て神官のお祓いを受け、祝詞をあげてもらいます。その場合のお札には、のし袋か封筒にお札の金額を入れ、表書きに「御初穂料」か「御玉串料」と書き添えて渡します。

お宮参り祝着の保存方法と お宮参り以外の用途
絹は湿気を嫌いますので、ウコンの布などに包んで、乾燥した場所で保存してください。また、半年に一回くらいの虫干が望ましいです。
祝着はお宮参りだけでなく、女児の場合、“七五三”の三歳の祝着としても使用できます。結び紐をとって、両袖を丸めて縫い直してください。男児も“七五三”の三歳の祝着として使用できます。さらに羽織を用意されますとより立派な正装姿となります。